eki_docomokiraiの音楽制作ブログ

作編曲家のえきです。DTM/音楽制作で役立つTIPSを書いています。

DTM・プラグイン

Cubase、「既定のプリセットに初期化」で落ちるバグ

「既定のプリセットに初期化」で異なるバージョンのプラグインで初期設定読み込みをするとCubaseを巻き込んで落ちる。は完全にプラグインのバージョン違いで落ちます。 このバグはYamaha Steinbergに報告済みです。 (2021年12月24日)

Toneboosters FLXの「DCF」とは何か?

Toneboosters FLXのDCのオフセット異常と、関連情報。 (2021年12月23日)

外部シンセとDAWの音が2半音(全音)ずれる問題の解決法

問い合わせ業務で「修理で戻ってきたシンセの音が合わない」とのことでサポートしてた。せっかくなのでブログ記事にしておこう。 (2021年12月16日)

Cubaseを最新版にするメリットは無い

Cubase12が発表され、ドングル不要になるとのことですが、私は13以降まで使いません。 (2021年11月25日)

Cubase備忘録。書き出し画面オプションとAlt+F4活用

Cubase備忘録。この記事はCubase9.5でのテストです。 (2021年11月8日更新)(随時加筆予定)

(備忘録)ピッチベンドホイールが破損した時の緊急対応あれこれ

夜中にMIDIキーボードのピッチベンドホイール(PB)が破損し、正常な音が入力できない!という時のトラブルシューティング。 せっかくなので記事化して残しておきます。 (2021年10月31日)

Cubase備忘録。オートメーション線の誤爆を防ぐ

Cubase小ネタ。 (2021年10月30日)

リバーブは遠近感ではない

未だに「リバーブを掛けると音が遠くなる」と言う人がいますが、初心者であればあるほど違和感を感じ取る通り、遠くなるわけではなく残響が付くだけです。 (2021年10月27日更新、書きかけ)

Electri6ityのユニゾンチョークのやり方

ギター音源Electri6ityの使い方のお話。ユニゾンチョークの正しい実装手順。なお、奏法名表記はElectri6ityマニュアルおよび英語圏では”unison bend(s)”です。 (2021年10月18日)

ITBにおけるゲインステージングについて

DTM(ITB)におけるゲインステージングの扱いについて書いておきます。 とにかくこの画像を頭においたまま読んでください。 (2021年11月16日更新)

多重リミッターの使い方

よくどこのリミッターが良いとか、今度でた新作は良いとかいう話題がありますが、私の結論では「ちょっとずつ多重がけ」が大正義です。 (2021年10月7日)

(翻訳記事)あなたのミックスをぶっ壊す9つの罠

正直あまり良い内容ではなかったのですが、だからこそ指摘しつつ紹介しようと思った。海外動画だからと言って鵜呑みにしてはいけません。 (2021年9月23日)

付随業務に完璧を要求される

演奏レコーディングやチェックにともなう簡易楽譜の制作で過剰なクオリティを要求される、というお話。 (2021年9月16日)(書きかけ)

Cubaseが起動しない時に試すこと

項目名だけ書いておきます。個々の実行方法はそれぞれ調べてみてください。 (2021年9月9日更新)(随時加筆)

Windows11にするのはしばらく待て!

(近況、時事)OSを新しくすることは大きなデメリットがあります。本当に最新OSが必要な場合を除き、安定版を待ってから導入しましょう。 -------------------- この記事はしばらくしたら削除する予定です。 (2021年11月25日更新)

Cubase、パンが消えた時の対処方法

たまーにPANが消えてしまい復旧できなくなってたんだけど、バグではなく簡単に修復できたのでメモ。 (2021年8月23日)

リフレクションフィルターは本当に必要か?

(近況)最近立て続けにリフレクションフィルターに関する問い合わせを受けたので記事にしておきます。結論を先に言うとアレは「簡易的なものでしかない」です。 (2021年8月18日)

洋楽リファレンスだと低域は広いことが多い

(近況)お預かりの曲がどうしてリファレンスに遠いのかを考察する。世間の曲は思っている以上にサイドが出ているよ、というお話。 (2021年8月18日)

Cubase、サンプルのピッチ変更あれこれ

ほぼ雑記。一気に複数の音程を加工するより、細かく刻んで行くと丁寧になることもあるよ、というお話。 (2021年8月17日更新)

最近の私のCubaseのメーター設定

近況。Cubase内蔵メーター表示をこうやっていますよ、というお話。 私が今メインに使っているのはCubase9.5なので、新しいものについているSpectralLayerを主体にしている人にとっては無意味な記事です。 (2021年8月10日更新)

ステレオ素材をモノラル化してからミックスする

強制モノラル化してミックスしやすくするお話。 ちょっとヒマだったので丁寧めに素材を用意しました。 (2021年7月29日)

逆の手順で行う「トップダウンミキシング」と最小限のトラックで行う「ステムミキシング」

まず大雑把に解説。細かい話は末尾にて。 わかりやすい状態を保つため、短い記事のままにしておきます。 説明が必要になった場合は別記事で補足します。 (2021年7月23日)

DAWで「やらないほうが良い操作」とは?

ひとことで言うと「テストと楽曲制作を一緒にやるな!」です。テストと制作を完全に切り分ければ、何が起きても大丈夫ですし、適当やってぶっ壊してもダメージはありません。 (2021年7月21日~随時加筆)

Ocenaudioの使い方(初歩のみ)

Audacityの諸問題によってオーディオツール難民が生じているようなので、代替ツールを1つ紹介。教えてくれたR氏に感謝。 (2021年7月9日)

製作中のリピート再生のお話

DTMで最も重要な「リピート再生範囲の操作」のお話。 (2021年7月7日)

Melda 15.00の初期設定

Meldaが15.00のベータ版を公開したのは随分前でしたが、ちょっとヒマだったので入れてみた。 (2021年7月5日)

ベロシティの本当の意味

昔の打ち込み作法では何が何でもベロシティをランダマイズしていました。が、モダンな打ち込みではベロシティを無意味に散らさない方がメリットがあります。 (2021年6月30日~随時加筆)

ランダマイズとヒューマナイズの勘違い

ただバラバラにするランダマイズと、音楽的に良い演奏にするヒューマナイズは違うよ、というお話。(過去の別ブログ記事から移転。) (2021年6月30日~)

LuaMacrosで通常のUSBテンキーをプログラマブル化する

LuaMacrosで通常のUSBテンキーをプログラマブル化する。 USBテンキーを「Alt+Ctrl+数字」「強制終了」にします。 自動起動します。 (2021年9月8日更新)

MTurboReverbに対する誤解

ネット上で間違った情報が出回っているので書いておきます。 (2021年6月14日)

© docomokirai 2017 無断転載、商用利用ならびに「音響DTM系のアフィリエイト広告を主目的としたウェブ活動」での利用を禁ず
レッスン案内はこちら。  寄付はこちら