eki_docomokiraiの音楽制作ブログ

作編曲家のえきです。DTM/音楽制作で役立つTIPSを書いています。

テクノ、エレクトロのお勉強サイト

ishkur/元di.fmエレクトロお勉強サイトが大幅に刷新され、ちゃんと動くようになっていたのでご紹介。

(2024年5月13日)

■過去に紹介済みの老舗です

当ブログの過去記事でも紹介していましたが、大幅に刷新、URLも変更されています。

ブックマーク変更などなどしておきましょう。

■リンク先

music.ishkur.com

 

■使い方

てきとーーに拡大縮小、クリックしているだけでも楽しいです。

近いジャンルは同じ色で近くにあるので、どんどん移動して「へぇ」「これすき」って感じで良いと思います。本格的に特定ジャンルを作るなら、音色やビート、サウンドの特徴をコピーしていけばOKですね。

 

・ジャンルを探す

お目当てのジャンル名が確定している場合は、

右上の「Ξ」3本線を押す。

 

ジャンル名を英語で入力。

 

そのジャンルにジャンプしてくれます。

明るくなっている部分が、そのジャンルが流行した時代を意味しています。

 

ジャンル分類方法やチョイスについては異論のある人もいるかと思います。

文句があるなら自分で作りましょう(煽り)

 

ishkyrくらい過不足なく、なおかつボシューミーにまとめるのはとても困難だと思います。サブジャンル名なんてアーティスト名より多いんじゃないの?ってくらいに膨れ上がっていますし、ヒットチャートは国地域によってストライクゾーンが違いますし。

--------------------

 

■近年のアマチュアDTMに思うこと

曲が表現したいことととかは個人の勝手なので好きにやれば良いと思います。

が、あまりにもドラム、ビートに対する理解が低すぎる時代になったなぁ~と「私は」感じています。

コードや動画を凝るのも個人の自由ですが、肝心の音楽があまりにもレベル低下しているように感じてなりません。

 

これは私が老人になってきたから、という問題ではなくて、根本的にドラムの作りが手抜きされているというか、そもそも学習していないのが丸出しというか。

 

もっと言うなら、ドラム制作のレベル低下はアマチュアに限ったことではなく、プロ、それもメジャーレーベルの楽曲でもあまりにもレベルが低下しているし、それを指摘できる人も居なくなってきているのでは?と危惧しています。

 

まずやってほしいのが、「その曲に適切なキック音」を作ることです。

一番影響力が大きいのがキック音色ですから、まずそこから掘り下げていきましょう。ほんとメジャーリリースでも何も考えてない適当キック音の多いです。いわんやアマチュアのなんて何の参考にもなりません。ホンモノを仕入れましょう!

 

また、アマチュアDTM「er」に多いのが、「使っているギター音源はこれ、ベースはこれ、ドラムはこれ」ってやつ。それじゃあ決まり切った音しかでないか、その劣化コピーしか鳴らせないじゃないですか。

悪い意味でのガラパゴス化しすぎていて、それお金かかるだけじゃないかなぁ~と思うんです。

 

というわけで、キック作ったら次はシンセベースがオススメ。いい加減にトリリアンやモドベースででエレキベース鳴らすの卒業しようよ!ということは声を大にして言いたい、というかレッスン指導ではずっと言い続けています。その曲、ホントにエレベで良いんですか?って。

 

次。せっかく凝ったコードを考えても(JPOPの最大の長所は繊細なコードワークです!)、それを適当なギターシンセで雑に歪ませた音で鳴らすのをやめよう。

適切なシンセバッキングの音色を考えようよ。

 

ピアノもひどい。

おとなしいクラシックピアノのサウンドじゃなくて、ギンギンにチューンしたダンサビルなピアノの音色、聞いたこと無いんだろうか。古くは「M1ピアノ」って呼ばれていたような、ユーロでよく聞くようなアレ。

 

--------------------

そこで今回紹介したサイトで、エレクトロのいろいろなドラムのサウンドを頭にインストールして欲しいな、と思ったわけです。

 

YOASOBIなどの新しいアーティストの台頭によって、曲のテーマ性に対する関心は高まるでしょう。その一方で、彼らのウィークポイントであるサウンドメイクの洗練については後退を余儀なくされていくでしょう。今のJPOPの弱点だといわざるをえないです。(ついでに言えば、ライブで歌えないボーカル曲の量産も。)

 

流行っている、売れているからすべての要素が優れているというわけではありません。

www.gurum.biz

8 名前:エッヂの名無し 投稿日:2024/04/05 6:28:03 ID:cHJ9Z4fqj
世界で一番うまいラーメンはカップヌードルでええってこと?
まぁ屁理屈ですが、絶対に忘れてはいけない「時代の捉え方」です。
  • 売れている、再生数が多い。だから優れているのか?
  • テレビで言ってた、ネットで見た。だから正しいのか?
という疑問は常に意識しなければ、今後の時代に飲み込まれてしまうでしょう。

 

そういう狂った時代だからこそ、本物のサウンド仕入れていくことで差をつけることができる時代になっていくのでは?と今の私は考えています。

 

あなたの栄養になる音楽を聞きましょう!

新しいサウンドの模倣なんて、流行の後追いしても意味無いですよ。オーダーが来てからでもそれなりのものを作れる技量があれば良いんだし、そういうテクが無いなら追いかけてもどうせ追いつけないですし。

 

ネットラジオサウンドを覚えよう!

 

UK

onlineradiobox.com

 

bollywood系

onlineradiofm.in

--------------------

 

■関連記事

聞き流しならこちらも。Youtubeプレイリスト作ってあります。

eki-docomokirai.hatenablog.com

 

オススメの耳コピ曲、俺様チョイス!

eki-docomokirai.hatenablog.com

 



© docomokirai 2017 無断転載、商用利用ならびに「音響DTM系のアフィリエイト広告を主目的としたウェブ活動」での利用を禁ず
レッスン案内はこちら。  寄付はこちら