eki_docomokiraiの音楽制作ブログ

作編曲家のえきです。DTM/音楽制作で役立つTIPSを書いています。

作曲・編曲・楽譜

ピリオド楽器によるクラシック演奏の魅力

先日、音楽家仲間と色々な音楽を聞いていた時に私が紹介したのが「古典楽器」の演奏動画でした。社交辞令もあったとは思いますが、異分野の人にも興味を持ってもらえたようです。 (2020年4月9日)

"Far Beyond The Sun"制作話。(打ち込みとMIX)

"Far Beyond The Sun"トランペットソロの制作話。 特に面白いことは書いてありません。 (2020年4月3日)

イングヴェイの"Far Beyond The Sun" をトランペットにアレンジした。(編曲話)

イングヴェイの初期代表作"Far Beyond The Sun"をトランペットソロ曲としてアレンジしました。 せっかくなのでアレンジ内容とトランペットについてちょっと解説。 (2020年4月3日)

曲尺管理に空のMIDIトラックを使う

Cubaseで時間指定のある曲を作る際、私はこういう管理方法をしていますよ、というお話。短い記事です。 (2020年3月30日)

サブベースの歴史(1)

(雑記)レッスンでサブベースの話が出たので、せっかくだからおさらいしていた。 で、気になったことがいくつかあったので書いておく。 くだらない内容なので、今の所「雑記」としておきます。

他分野から創作の真髄を学ぶ「岡田斗司夫ゼミ」の紹介

全クリエイター必見だと思っている『岡田斗司夫ゼミ』の話。 面白おかしく解説している姿そのものではなく、アニメーションという創作の裏側から、他分野にも通じる創作の真髄を知ることができるからです。 このブログは音楽制作という立場ですので、音楽の…

リファレンスミックスのブラウザゲーム「Match the Mix」

ご存知の人も多いことと思います。今朝のSonarworksのメールに面白いミニゲーム「Match the Mix」があった。

昔の曲のドラムを耳コピした話

以前にSteely DanのAjaを耳コピしたことがあります。 1976年の作品なので、時代的には私よりも一回り上の世代です。 ”Aja”はその世代における重要な楽曲とされています。

弦セクションで演奏困難なフレーズの分業化

弦レコーディング配信を見ていて気になったのでブログ記事として残しておきます。弦セクションの生演奏の運指話。 (2020年2月11日)

映画音楽の10要素におけるベストサウンド(海外動画翻訳)

海外映画チャンネルによる独断と偏見によるベスト映画音楽紹介。すごく良かったので要点を翻訳しつつ紹介。 (2020年1月2日)

sus4コード上のM3メロディ問題

割と稀に頻繁に議論に上がるアボイド問題。先日のレッスンでも頻出していたので書いておく。 安易に認めることも、安易に否定することもできない、非常にセンシティブでホットな理論トピック。 (2020年1月20日更新)

『コンチェルト・グロッソ』吹奏楽小編成版をリリースしました

エルネスト・ブロッホ作曲『弦楽合奏とピアノ・オブリガートのための合奏協奏曲 第1番』吹奏楽小編成編曲版の楽譜を販売開始しました。『コンチェルト・グロッソ 第1番』という呼び方でも知られている、マイナーなオーケストラ曲です。 (IMSLP) (2020年1月1…

トゥルーピーク問題をどう解消するか?

トゥルーピーク(True Peak)がちょっと出っ張って気持ち悪いよね問題の解消法について簡潔に書いておきます。 (2020年1月24日更新)

DTM初心者は耳コピからスタートするべき(1)

諸論ありますが私は「耳コピからスタートするべき!」と何十年も前から一貫して主張しています。 なおアレンジもミックスも、あらゆる音楽制作は耳コピした曲の改造から練習するべきです。 (2019年12月21日更新、執筆中)

Pianoteq、プリセットの音量を揃える

Pianoteqの多彩なプリセットは非常に楽しいですが、音量が変わりすぎるのが難点かもしれません。 この記事ではプリセットを変更しても同じタッチで弾けるようにする方法についてのみ書いておきます。

Cubase、Expression Mapとリストエディタ

拙著「Cubaseカスタマイズの教科書」を買ってくれたFlawlightさんが怒涛の勢いで書き上げているCubaseのExpression Map機能の記事を見ていて気になったので補足的なことを書いておきます。 (2019年12月10日)

脚色アレンジ話

近況、雑貨。ポピュラー音楽アレンジ所感。短く中身のない記事です。 (2019年12月5日)

Cubase。3連符で書いてしまった内容を6/8系にする

製作中によくあるミス。主に耳コピ作業で稀に良くやらかすアレ。 (2019年11月22日)

Cubaseのキーエディタで気に入らない点(1)

Twitter談義ついでにブログ記事にしておきます。 Cubaseで大量のMIDIトラックを使う際、「フォルダに入れて一括表示すれば良いんじゃね?」というのは安直で、実は思った通りの挙動をしてくれないよ、という愚痴。

(資料)マスタリング時の曲頭・末尾の無音時間

マスタリングの終盤で行う曲の頭と終わりの無音時間のお話です。 (2019年11月18日)

Pianoteqのトランスポーズ機能をショートカット化する

Pianoteqのトランスポーズ機能(移調機能)のお話です。 トランスポーズがねーぞ(#゚Д゚)ゴルァ!!」とかツイートした直後に調べたらあっさり見つかった。今まで移調機能は一度も使ったことがないので今知った。

楽譜製作で一番大事なことは何か?

楽譜浄書で一番大事なことは読みやすいことです。 じゃあ読みやすさって何よ?というお話。短い記事です。

Cubase備忘録、スコアのタイトル等を全リージョンで共用する

Cubase備忘録。スコア設定。 新規PJから楽譜を製作したら、この部分だけ戻すのに難航したのでメモ。

『君が代』リオオリンピック閉会式アレンジ版の分析をしてた

完全に時期を逸していますが、先日作曲家知人との話題に出たので。せっかくだから真面目に耳コピをした。 (2019年10月21日)

(再掲)Electri6ityの教科書、販売中です

2019年ブラックフライデーのセール期間にあわせて再掲します。『Electri6ityの教科書』はPubooで販売中です。http://p.booklog.jp/book/124908

SD-90売ります

SD-90中古で売ります。欲しい人がいたらどーぞ。 (2019年8月29日~)

ちょっとだけ高度なシンセ音色作りの話

シンセ話。知ってる人にとっては当たり前の話です。 LFOっていうとピッチを上下に揺らすビブラートを、モジュレーション・ホイールで操作するために組むもの。というか、多くの場合は初めから組まれていることが多いです。 (2019年9月11日更新)

Cubaseマクロ。リピート再生範囲を瞬時に移動する方法

拙著「Cubaseをカスタマイズする教科書」に入れ忘れていたマクロについて書いておきます。リピート再生範囲をワンタッチで移動するマクロの作り方です。マクロのレッスンで扱ったので、せっかくだから無料記事にしておきます。

アラジンの『ア・ホール・ニュー・ワールド』で考えるフェイク演奏技術

”A Whole New World”の最初のメロディの譜割りが気になって仕方がないのでいろいろ調べた。 適切な引用 (2019年7月23日更新)

DTM用、無料配布資料

DTM音楽制作で便利な資料集です。今まで何回リメイクしてるか分からん。こういう不毛な作業をしている無心になれるので割りと楽しい。 (2019年6月6日更新)

© docomokirai 2017 非常識な無断転載、商用利用を禁ず