eki_docomokiraiの音楽制作ブログ

作編曲家のえきです。DTM/音楽制作で役立つTIPSを書いています。

Windows11にするのはしばらく待て!

(近況、時事)OSを新しくすることは大きなデメリットがあります。本当に最新OSが必要な場合を除き、安定版を待ってから導入しましょう。

--------------------

この記事はしばらくしたら削除する予定です。

(2021年9月3日更新)

■特にクリエイター向けの記事です

クリエイターの使うツールは最新OSへの対応が非常に遅いです。

DAW等のツールが「最新OSに対応した」とアナウンスし、対応パッチを出すのを目安に最新OSに乗り換えるべきです。

・クリエイタは鈍足がベスト

あなたのTwitterのTLに何が表示されていようと、あなたがクリエイタなら乗り換えは待つべきです。絶対に。

そして、今すぐ警告を発するべきです。

というわけで、この記事は上のツイートを補足するものです。

■本当に今やるべきこと

現在使っているOSが強制的に自動アップデートされないように備えることです。

ここ数日以内のtodoとして「自動アップデート機能の設定を確認し、自動インストールを停止モードにしておく」とメモするべきでしょう。

そして予言します。ここからの数日で「Windows11にしたら◯◯が起動しない!これじゃあ仕事にならない!これだからWindowsはクソなんだ!」とわめき出す阿呆が現れます。仕事で使ってるならアップデートによるトラブルなんていくつでも見聞きしてきたはずなのになぜ対処しないのか。阿呆だからです。特にMAC OSが刷新されるたびに大勢現れるアレです。

■最新OSにしてはいけない理由

デジタルもので最新版というのは、実は何もメリットがありません

ご存知の通り、最新版はすぐに「初期バグ修正パッチ」が来ます。

それを数回繰り返した後に、ようやく安定して使えるようになります。

そういう情報を待ってから最新版に乗り換えても遅くはありません。

■最新OSをすぐ導入するのはどういう人か?

システム関連の仕事をしている人は常に最新版をチェックする必要があります。また、複数のOSに習熟している必要があります。

IT系の最新情報というのは彼らが必要とする情報であって、一般人にとっては過剰な情報です。

「PCを使っていること」と「PCを完全に把握すること」はイコールではありません。PCを日常的に使っているからと言って、常に先進IT職に足並みを揃えようとして背伸びする必要はまったくありません。今回の「Windows11が来るよ」というニュースは、一般ユーザー向け情報である以上に、システム関連業務を行う人に対する業界ニュースです。一般人が興味を持つ必要性はそれほどありません。

■個人的な好奇心で最新版を入れたがる人

個人的な好奇心でリスクに踏み込むなら、どうぞご自由に

そういう好奇心の積み重ねからのみ得られるスキルも確かに存在します。

が、個人の好奇心が、職務チームのレベルになることはまずありません。あなたと同等かそれ以上のレベルの人たちのチームが研究をしているから勝ち目はありません。

職務として必要に迫られてから、そのチームのノウハウと分業システムの中で数日研究していくならあっという間に把握ができるからです。

もちろん、こういう意見に真っ向反論できる水準のスキルをすでに身につけているならご自由に。というかそういうレベルの人はこんな記事なんか見ていないはずです。

・「人柱」だと主張する人

上に同じです。個人が人柱を名乗ったところで、企業からの情報には何一つ勝てる要素がありません。それは人柱ではなく犬死にと言います。

・個人開発のソフトウェア

個人開発の皆様には頑張ってくださいとしか言いようがありません。

時代の移り変わりを乗り越えた個人開発のツールは本当に尊いものだと思います。

--------------------

翻って、個人開発のツールやプラグインを導入しているユーザーは、最新OSに乗り換えることでそういうツールの恩恵を失う恐れもあるということを覚悟するべきです。

あるいは、思い切って切り捨てるチャンスだと捉え、ワークフローを見直すきっかけにもできるでしょう。

 

DTMのツールも同様

音楽制作ツールも最新版であることに価値はありません。初期は絶対に不安定だからです。

DAWを最新版にする必要があるのは、そういう記事を書くライターと、インストラクターだけです。

最新機能が無いと曲が作れないクリエイターは一人も存在しません。

マチュアはなおさらです。時間が無いのに、その時間を最新バグで浪費するのは愚かなことです。

 

あなたがやりたいのは創作ですか?デバグですか?

© docomokirai 2017 無断転載、商用利用ならびに「音響DTM系のアフィリエイト広告を主目的としたウェブ活動」での利用を禁ず
レッスン案内はこちら。  寄付はこちら