eki_docomokiraiの音楽制作ブログ

作編曲家のえきです。DTM/音楽制作で役立つTIPSを書いています。

備忘録、UVIのギター音源のメモ(随時加筆)

UVIのギター音源のメモを書いておきます。

現時点ではあくまでも個人的メモのレベルです。

記事の内容には何も期待しないでください。

(2021年3月23日)

 

 

■結論

Electri6ityを使うべき

立ち上げがちょっと遅くても、負荷軽減のためにほかトラックを仮書き出しをしてでも、Electri6ityをオーディオ化してでも、とにかくElectri6ityでやるべき

UVIのエレキを使う理由が全く無い。

ちょっとしたパワーコードかき鳴らし用としても無理がある。

--------------------

Electri6ity持ってない人へ。

Electri6ityを持っていないてくて、UVIエレキだけ持ってるなら以下参照でがんばって!でも質はかなり落ちます。積極的に妥協。

ソロが混ざるなら音源を別にもう1つUVIエレキを立ち上げるべき。

同じ設定で両立はどうやっても無理

 

■エレキ、Strategy。

・とにかくエフェクタをすべて切る

右端の「FX」を開く。

f:id:eki_docomokirai:20210314083830p:plain

バーブが入っているので切る。

アンプも切る。

サチュレーターはギリ許す。

f:id:eki_docomokirai:20210314083827p:plain

あとはAmplitubeなり何なり、手持ちのアンプシミュを使う。

■既知の問題

中央、右下にある、Trigger Octaveは挙動バグを引き起こしやすい。絶対触るな。

キースイッチのオクターブ位置を変える機能。

・勝手に別のコードが鳴る

緑のキースイッチ(SOLO/CHORD選択モードのキースイッチ(G5,G6)

は常時設置しておくとコード検出の邪魔をしてしまうっぽい。

切替が必要な時だけに設置する。

=製作中に、曲の途中から再生すると変なことになるけど、仕方がないと割り切る。

・ピッチベンド幅

Sunbirdは+-2固定。スライドダウンはできない。

エレキ、Strategyは12にできる。

 

 

 

 

■アコギ、Sunbirdを含めたUVIギターの用途

JPOP、アニソン伴奏の「とりあえずパワーコード入れとけ」系ならギリ使える。

雑なコード伴奏以上のことをやろうとすると地獄。というか、クオリティが伴わないので、素直にElectri6ityを使った方が良い。

・コード入力とストラムキーで演奏させる

コードを書いておいてから赤ストラム上下演奏させる。

 

・コードは任意選択はできない。

コードを演奏している状態(MIDIキー押下げ状態)で、右下のTAB数字が出ているところで「そのプロジェクトで使うこのコード」を指定できる。

逆に言えば、同じコードを別ポジションで複数使う曲には使えない。

よって、細かいことをやりたい曲では使えない。妥協しよう。

 

アルゴリズムがうまく反応しないなら諦めよう。

Electri6ityやMODO BASSとは比較にならない。諦めよう。

・コード認識アルゴリズム攻略

ルート大事。

細かいことはできない。

狭い音域で雑に書いてOK

 

・奏法選択

緑キースイッチで演奏スタイル選択

 

その上で中央で細かな演奏スタイル選択。

CHORD/MIXEDがベター。コードと単音ソロを混在できる。

 

・「キメ」などで雑音を入れずに止まって欲しい時

ミュートはG#4だけど、ストラムミュートキー低ベロシティでアップの方が綺麗に止まることもある。

その際、手前の実音は伸ばしたまま「ミュートを重ねる」方が綺麗になることもある。

 

メタル的なパームミュートが必要無いなら、下PreferenceでPalm for Muteにした方が使いやすくなる。

・6弦が重い、邪魔

AccentとMINIMUMを操作し、ベロシティに応じて軽い鳴りにすることができる。

Accent最大だとMINIMUMは無意味になる。

Accentという名前で誤解しそうになるが、「低いベロシティに反応して、弦を減らす」機能。

■CC Learn

CC割当はすべて音源内で手動でやるしかない。

同じCCに複数のパラメタを割り当てできる。

・Let ring

自分でCC64などに設定する必要がある。

・ストラムスピード

CC2、ブレスなどにでも。

通常演奏では、CC値だと3~15程度の位置しか使わない。

極端に遅い演奏では過剰な数値を使う。

 

■曲によって適時調節

下端、細いバーで。

MIDIベタ打ちが終わった後で調節する。

先にやっても無意味。

 

 

・マイク

下端、細いバーで。

マイク読み込みや音量変更で挙動があやしくなるので注意。

複数マイクをオーディオ化した方が良い。

どうせ雑なコード演奏しかさせない音源なんだから、早々にコード演奏だけ作ってオーディオ化しちゃおう。

■いらない機能

  • Trigger Octave
    バグる。いらない。キースイッチ位置を変える機能。
  • Clearn Play
    フレット押さえが雑になる機能。無いほうが良い。
  • Strum Center
    ピッキング位置。大差ないので無視。
  • Chord Hammer
    近いコードポジションに変わる時にラフにする機能。
    邪魔になることの方が圧倒的に多いのでいらない。
    かき鳴らし感が欲しいラフな曲専用と思って良い。
  • Capo
    打ち込みならいらん。下のTransposeで移調読みにもできる。

 

 

 

 

 

© docomokirai 2017 非常識な無断転載、商用利用を禁ず
レッスン案内はこちら。  寄付はこちら