eki_docomokiraiの音楽制作ブログ

作編曲家のえきです。DTM/音楽制作で役立つTIPSを書いています。

Cubase備忘録、オーディオのタイミング修正

Cubase備忘録。ヒットポイントの編集。一箇所だけのタイミング修正をやるための準備について。当たり前のことしか書いていない記事です。

f:id:eki_docomokirai:20201107180843p:plain

(2020年11月7日)

 

■雑な手順説明

1,サンプルエディタを開く

2,インスペクタ、ヒットポイント、スレショ設定、「ワープタブを作成」

3,タブAudio Warpで「フリーワープ」オン

4,あとは編集。

以上4行で分からない人は以下の解説をどうぞ。

 

 

■丁寧な手順説明

1、オーディオをダブルクリックし、サンプルエディターを開く。

f:id:eki_docomokirai:20201107175953p:plain

2、左の「インスペクタ」を開く。

f:id:eki_docomokirai:20201107180006p:plain

出ていない場合には、画面上部のボタンから開く。(ボタン順序は個人の環境による。)

ボタンが無い場合は、上空白を右クリックしてね(説明は割愛)

f:id:eki_docomokirai:20201107180043p:plain

 

3、「ヒットポイント」でスレッショルドレベルを操作。波形に適度に合わせる。

f:id:eki_docomokirai:20201107180246p:plain

 

4、「ヒットポイント」タブ内の「ワープタブを作成」を押す。

f:id:eki_docomokirai:20201107180417p:plain

(タブ「Audio Warp」がオレンジ色になる)

 

5、タブ「Audio Warp」で「フリーワープ」をオンにする。

f:id:eki_docomokirai:20201107180557p:plain

 

6、波形のタイミングを編集する。

f:id:eki_docomokirai:20201107180843p:plain

 

これでヒットポント間の編集だけをピンポイントで行えます。

 

■メリット

こういう準備をしないと、後ろがすべてズレてしまう。

f:id:eki_docomokirai:20201107181325p:plain

プロ作家でも、時間にモノを言わせてゴリ押しする人も多いらしい。たまに「あの操作ってどうやるんだっけ?」とヘルプを頼まれるので、記事にしておきました。

 

他、タイミング補正については言いたいことが死ぬほどあるけど全て略。

以上!

おしまい!

 

■検索単語置き場

タイミング補正、タイミング調整

ヒットポイント修正、ヒットポイント補正

グルーヴ修正、グルーブ修正

グルーヴ補正、グルーブ補正

■関連記事

eki-docomokirai.hatenablog.com

 

© docomokirai 2017 非常識な無断転載、商用利用を禁ず
レッスン案内はこちら。  寄付はこちら