eki_docomokiraiの音楽制作ブログ

作編曲家のえきです。DTM/音楽制作で役立つTIPSを書いています。

Toneboosters EQ4(v4.1.8)のバグ報告

Toneboosters EQ4、v4.1.8(Installer1.2.9,July6,2019)のアナログサチュレーションの挙動がおかしいのでメモっておく。

オフィシャルに報告、要望済みです。(2019年7月7日)

 

■Toneboostersの更新情報

https://www.toneboosters.com/changelog.html

■いろいろ比較計測した

f:id:eki_docomokirai:20190707071839p:plain

アナログの効き具合やキャラクターは別問題として、上画像の右上「3」が明らかにおかしい。

どういうことかと言うと、下参照。

左右。どちらもアナログをオン。

左。バンドゲイン無し。サチュレーションが一切掛からない。これは回路シミュレートの挙動として明らかにおかしい。素通しした結果が追加されなければならない。

右。バンドゲインを0.1すると、いきなりサチュレーションが強く掛かる

f:id:eki_docomokirai:20190707072150p:plain

これはサイドチェインやダイナミックEQ時にも同様で、動的変化が起きた時にのみサチュレーションがいきなり掛かることになるので困り物。

 

今後のバージョンでの修正が望まれます。

 

オフィシャルに報告、要望済みです。(2019年7月7日)

・ご返答

迅速に20分ほどで返答をいただきました。

アナログ回路の素通し変化が無いのは「バグではない」とのことです。

This is actually not a bug! Many EQs out there simply stick a non-linear model at the output of the EQ, pretending to do circuit simulation. That's really not how analog EQ circuits work. If there is no modification in the signal, the circuit isn't doing anything and hence there will be no effects of limited currents etc. Only when the EQ starts to become active (amplifying or attenuating frequencies), the non-linearities in the circuit start to play a role. Only this way you can get this really smooth blend of saturation, compression and EQ-ing that analog EQs have.

なんにせよ、一長一短の仕様です。

この仕様では、ゼロ位置からSC/DynEQが生じた時に音のキャラクターが大きく変動してしまうので、内蔵アナログサチュレーションの扱いには注意が必要です。

私はこの「一長一短」を、デジタルとアナログの悪いところ両取りの大きな欠点だと解釈しており、評価しません。アナログサチュレーション部分については今後の変更を望みます。

他は素晴らしい完成度だけに実に惜しい。

 

以前から同社プラグインに対しては、アナログ・シミュレートの扱いについて個人的に強い不満がある。例えばReelbus系は素通しで勝手に上下が丸まってしまうのを防ぐ手段が無かったり。

 

また、仕様によりアナログ回路通過による位相特性の変化はあるか?との質問については、

Nope not at all

「無いよ」とのことです。

 

同社の窓口対応は「近年」まともになってきているので、何か伝えたいことがある人はどんどん言ってみてはいかがでしょうか。その昔はサポートに問い合わせをしたら「ググれば書いてあるんじゃね」的な一文が返って来て爆笑したこともありましたが。まーサポート等が雑なおかげで安く提供できている側面もあるので、(俺みたいな)変な人への対応に辟易して価格が上がるよりは、わが道を突き進んで欲しいと思います。

 

■関連記事

eki-docomokirai.hatenablog.com

 

 

eki-docomokirai.hatenablog.com

 

 

eki-docomokirai.hatenablog.com

 

© docomokirai 2017 無断転載、商用利用ならびに「音響DTM系のアフィリエイト広告を主目的としたウェブ活動」での利用を禁ず
レッスン案内はこちら。  寄付はこちら