eki_docomokiraiの音楽制作ブログ

作編曲家のえきです。DTM/音楽制作で役立つTIPSを書いています。

Cubaseの右端を睨む人は何を見ているのか?

Cubaseのメーターが現時点では本当にクソだよねというラウドネス話。

f:id:eki_docomokirai:20190618084824p:plain

(2019年8月19日更新)

 

■結論から

AES-17だけを使いましょう。

 

■はじめに

メーターが必要になる場面はいくつかあり、それぞれによって使い方が異なります。

  • エラー測定
  • バランス
  • 出力

エラー測定は録音のチェックです。

バランスは編曲とミックスです。

出力はマスタリングです。

 

この記事は、あなたが今表示しているメーターは目的に対して本当に適切なものですか?というお話です。

そして、Cubase付属のメーターはどの目的にも使いにくいものだという警鐘です。

 

■関連記事 

関連記事としてこちらもどーぞ。

eki-docomokirai.hatenablog.com

 

 

eki-docomokirai.hatenablog.com

 

Cubaseの右端のアレ

正直、現時点ではほとんど役に立たないと思ってる。

調整できるメーターを導入するべき。

 

Cubaseの他のメーターモードの話

下に紹介する4つの画像は、同じ曲の同じ区間の測定です。

が、瞬間的な表示にはズレがあるので、ピークについてはあてにしないでください。

なお、メーターの色はカスタマイズしてあります。

 

・1,Digitalそのまま

オススメ度★★★☆☆

 

フルスケール、「いわゆるピーク読み」としては使いやすいです。

RMSが低く表示される(RMS -17を目指すことになる)のでラウドネス的には使いにくいです。このモードを使うのはやめましょう。

f:id:eki_docomokirai:20190618081206p:plain

 

・2,Digital、AES17

オススメ度★★★★☆

 

AES17はRMSが+3dBされる表示モードです。(ピークは変わりません。)

上と比較し、RMSが+3表示されてラウドネス標準値「-14LUFS」を目指しやすくなります。Cubase付属メーターの中では最も使いやすいです。

f:id:eki_docomokirai:20190618081210p:plain

もしCubaseのメーターを使うならコレ一択です。

余談。「AES17」は「AES-17」と同じ。

 

・3,Loudness LUFS

オススメ度★★☆☆☆

 

「Integratedを-23に合わせてね!」という表示モードです。

f:id:eki_docomokirai:20190618080850p:plain

バー部分は完全に振り切ってしまうのでダメです。

これではラウドネスメーターとして全く役に立ちません。精神的にも良くありません。しかし、Short Tremは-14付近なので適切です。

このモードを使う場合は、調整済みのメーターと比較・確認した上で、Short Termだけを見る使い方になります。 

 

・4,Loudness LU

オススメ度★☆☆☆☆

 

「LUを0付近にしてね!」というモードです。

 

上のLUFSと同じく、バーが振り切ってしまいます。

おすすめできません。

f:id:eki_docomokirai:20190618080855p:plain

これもLUFSモードと同じく、バーが無意味になってしまいます。

Integrated設定を-9に直すと適切になりますが、バーの最上部しか使わないことになるので無駄が多いです。

・Kメーター

f:id:eki_docomokirai:20210106023615p:plain

-14で作りたいなら良いメーター。ただしピークが見えないので注意が必要。保険リミッタをインサートしておくことを強く推奨します。

Kメーターには低域と高域、人間の感覚として聞こえにくい帯域は低く表示される特性があります。また、他のKメーターに比べて3低いので、AES17をオンにした方が他のメーターと見間違いが起きにくいはずです。

 個人的にはKは余計な補正をするので嫌いです。発展途上、過渡期のツールでしかないと思っています。

Loudness系の補正

Integrated設定を-14に直すと適切にできます。

f:id:eki_docomokirai:20190618090653p:plain

が、結局バーの最上部しか使わないことになるので無駄が多いです。

しかも青と赤の2色しか無く、許容レンジのどの位置なのか全く分からないので、やはりCubaseラウドネスメーターは使いものにならない、ということです。

・なんとなくラウドネスメーターにしてませんか?

「なんかラウドネスってのが流行ってるし、新しいCubaseについてるからラウドネスモードにしてる」という人は気をつけよう。それめっちゃ使いにくいどころか、音楽目的じゃない実装です。

 

Cubaseの環境設定で制御できない時点で、毎度Cubase開発陣が「やらかしてる」流行要素を見切り発車で実装しちゃってるアレです。

Cubaseそのものは良い道具ですが、そこにあるすべての機能が良いものだとは限りません。むしろ「どの機能を無視するか」がCubaseを使う上で最も重要です。

常に上端まで伸びてるメーター見てどーすんの?

 

せめてAES17にしておきましょう。

 ■Cubaseのメーター、総括

音楽制作目的だとまるでダメです。

しいて言えば、Digital AES17でRMSを見る使い方だけが及第点です。

が、これも巨大すぎるので使いにくいと思います。

しょせんは付属メーター。ちゃんとしたものを使いましょう。

 

・使ってますか?オーディオ統計表示

なお、同オーディオファイルのCubaseでの解析結果は下のようになります。昔は「オーディオ統計」、最近は「解析」という名前の機能です。

f:id:eki_docomokirai:20190523072331p:plain

これ使ってない人が多いみたいだけど、めちゃくちゃ役に立つので必修です。出し方を知らない人は調べろ。今すぐ調べろ。まじで。

 

■関連記事 

eki-docomokirai.hatenablog.com

 

eki-docomokirai.hatenablog.com

 

© docomokirai 2017 非常識な無断転載、商用利用を禁ず
レッスン案内はこちら。  寄付はこちら