eki_docomokiraiの音楽制作ブログ

作編曲家のえきです。DTM/音楽制作で役立つTIPSを書いています。

Diablo2、DKey錬金チャート早見表

Diablo2、DKey錬金チャートを早見表にまとめました。

f:id:eki_docomokirai:20190517021321p:plain

 

■DKey錬金ってなーに?

まずは過去記事をどーぞ。

eki-docomokirai.hatenablog.com

 

■まとめ画像

f:id:eki_docomokirai:20190517021321p:plain

これはあくまでも平均市場価格です。

価値変動やスピード取引は適時変更してください。

Diablo2トレードに絶対値は存在しません。

海外トレードサイトやRMTサイトの基準値をソースとして値引き要求されたら、適当に煽っておけば良いです。

もし速く売りたいなら、言われるがままに値下げすれば良いです。

素早くKeyを集められるようになったら、価値を下げてでもスピード取引した方が増益します。

 

■個別画像と補足

f:id:eki_docomokirai:20190517021319p:plain

KeyはLemやKoでも取引できることがあります。

しかし、他の物品との取引ではLem Koは使いにくいので、最低値をPulとした方がベターです。

Diablo2の事実上の通貨はPul Um Mal Istです。

DKeyチャート以上のプレイをする際、それ以下は無いものとみなして構いません。

・Torch、Organ

f:id:eki_docomokirai:20190517021307p:plain

Unid. Torchは概ね1Ohmです。しかし、売り手も買い手も1本しか所持できないので、取引商品として劣ります。

・Key set

f:id:eki_docomokirai:20190517021310p:plain

1Keysetは概ね1Istですが、18ブロックを消費することや、Key setとして保有している人が極めて稀なので、商品として劣ります。

Ladder初期に自力でDKeyまで拾える戦力を獲得した直後は、1Mal 1Umのスピード取引がおすすめです。その時期にIstをポンポン出せる人は稀だからです。

・Key単品のレート

f:id:eki_docomokirai:20190517021313p:plain

サーバー内の流通状況によって、Key同士の交換レートは大きく変動します。

早期に自力でDKeyを拾えるようになったなら、1Dが複数のH,Tになります。

末期は1D=1H=1Tで買い占めるのがおすすめです。時は金なり。

 

RuneとKeyの交換

f:id:eki_docomokirai:20190517021316p:plain

1Key=1Pulです。

1DKey=3TKeyの時期でも、1DKey=3Pulには成り得ません。

3Pulを迅速に集められる人は、すでに自力でDKeyを集められる人です。

■買い占め時のコツはPul所有数

現実世界の買い占めは大量のお金があれば可能です。

しかし、Diablo2世界では取引できる個数や、相手の在庫に限界があります。

たとえばPul=1Keyレートが妥当だとしても、Pul*512=Jahだからといって「Jahで512個くれ」という取引は誰とも成立しません。

そこで重要になるのが「ジャブ」の数。

誰でも1Key程度は持っているので、「Pul for 1Key」で品種を問わずに募集します。

1:1取引が成立したら「do you have more keys?」と質問し、残っているキーを吐き出させます。

この時、可能であれば「さっきのPulも1個計算で良いよ」と交渉し、失ったPulを回収しましょう。

 

運が良ければ「あぁ、Tkeyで良いなら20個持ってるよ」という人に巡り合うことができます。その時には多少高く支払ってでも良いので3IST程度出してしまいましょう。

根気よく時間を掛けてトレードするより、機会が到来したら高くても買うべきです。時間を買いましょう。

また、大量に貯めている人は「これがいつか大金に化ける!」という希望を持っているので、安く買おうとすると逃してしまいます。札束の壁で逃げ場を無くし、全ての在庫を徹底的に吐き出させましょう。

 

そういう「爆買い」も、1個のPulからスタートします。

仮に20Keyを持っている人がいたとしても、「3Ist for 20Key」という部屋名では他の人への訴求力がありません。

 

同様に、「IST for 6Keys」は相手にとって大きな利益になりますが、6個まとめて所有している人は少ないでしょう。

  1. まず1個で釣る
  2. 残りを吐き出させる
  3. その際に使う「札束」は常備しておく

トレードを運任せにせず、取引の可能性を高めるように入念に準備しましょう。小銭は大事です。

 

■買取価格例

たまたまPubにあったので貼っておきます。

f:id:eki_docomokirai:20190825142243p:plain

Pubトレードなので、非常に「強欲」な買取価格です。それでも3Ist見込みなので、3Ist利益が出るように再びKeysetを買い取ればOKということ。

まー安すぎるので私はこの価格では絶対に売りません。

また、この買取価格例はChamがいかに無価値なのかという証左でもあります。Ohm以下です。

 

■まとめ売りの魔力

最終的には「Organのまとめ売り」で、一気にHRと取引することが可能になります。

等価で考えるとOrgan set=1Ohm程度なのですが、何度もTorchを狙いたい人にとって、まとめて入手できる魅力はまさに魔力となります。

3~5Organ→Lo

7~10Organ→Ber

10~13Organ→Jah

13~20Organ→Anni

という取引を何度も行っています。

 

相手が「それじゃあ少ないよ。HRをもっと積んでくれないと。」と言っていてもお構いなしです。口では何を言っていても、大量のOrganと数分後に手に入る大量のTorchという誘惑に勝てる人はまずいません

交渉力に自信が無いならOrgan数を増やせば良いだけです。

札束でひっぱたいて言うことを聞かせるカイカンはトレーダーにとって至福のはずです。HRやAnniを見せびらかしている連中の上に立てるわけですし。

 

もしOrganを入手できる段階まで進んだなら、徹底的に集めて一撃必殺のトレードを成功させてみると世界が変わりますよ!

 

© docomokirai 2017 非常識な無断転載、商用利用を禁ず
レッスン案内はこちら。  寄付はこちら