eki_docomokiraiの音楽制作ブログ

作編曲家のえきです。DTM/音楽制作で役立つTIPSを書いています。

Cubaseのプラグイン表示名の変更をする

Cubaseハック。非常に不完全ながら、若干の利便を得ることができるかもしれないので記事にしておきます。

プラグインマネージャーの上で「のみ」ですが、プラグイン表示名を変更できます。

バックアップの上、自己責任でどうぞ。

f:id:eki_docomokirai:20210325182155p:plain

(2021年3月25日更新)

 

■Pluginmanager.xmlの場所と変更方法

C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Steinberg\Cubase 9_64\PluginManager.xml

を開き、書き換えます。

Appdataは隠しフォルダです。隠しフォルダの表示方法を知らない人は別途調べてください。ここでは割愛します。.xmlの編集ツールについても説明を省略します。

f:id:eki_docomokirai:20171116022718p:plain

SplineEEEEEEEEEEEQという名前にしてみた。

 

プラグインマネージャー上では名前が変更されていることを確認できます。EEEEEEEEEEQ!!

f:id:eki_docomokirai:20171116022720p:plain

正常に動作しています。

 

f:id:eki_docomokirai:20171116022717p:plain

 

ただし、ミキサーでの表示名は変更されません。当たり前ですが。f:id:eki_docomokirai:20171116023029p:plain

なお、日本語名をつけるとPluginManager.xmlが破損し、初期化されてしまいます。

必ずバックアップを行ってから試してみてください。

たぶん半角英数であればOKなので、アンダースコア_やハイフン-などの無難な記号で装飾しても大丈夫です。

ミキサー内での表示名は変更できないので、プラグインを挿す時に見つけやすくする程度の運用にしかなりませんが、後続の人が革命的な何かを成し遂げてくれることを期待しています。(厳密に言えばDLL書き換えで変更できるんだけど危険すぎるので教えません。)

 

その他にも順番入れ替えなどはCubaseを起動していない時でもできます。

あとはxmlの作法に則って自己責任でトイライアンドエラーを繰り返していけば、ちょっと使いやすくなるかもしれませんね。

 

・Pluginmanager.xmlは起動中でも書き換えできる

ためしにやってみたら通った。

 

■実用的なリネーム例

独特すぎる名前のプラグインってあるじゃないですか。後で名前忘れちゃうような奴。

 

そういうプラグインには、汎用性のある名前を追加しておく。

たとえばMeldaのオクターバーは「MBassador」という意味不明な名前だから、こうする。

f:id:eki_docomokirai:20210325182155p:plain

プラグインマネージャでoctで検索すると一発で出てくる。

f:id:eki_docomokirai:20210325182204p:plain

プラグインマネージャ内での順序を適切にしておけば、oct→Enterで高機能なMBassadorを優先的に選べるようになります。

 

そもそも名前と用途を忘れるほど大量のプラグインを入れっぱなしにしている時点でワークフロー的には負けですし、そういう人がプラグインを厳選するためにプラグインマネージャが存在するわけですが。

それでもなお、メーカーが格好つけたつもりで機能性を失っている例は多いですから、WavesとかFabfilterみたいに機能的な名前にそろえてしまうべきなのかもしれません。

 

まぁこんなこと書いてる時点でオクターバを起動しようとして、octで検索して付属のOctaverを起動してしまった後で「Meldaのあるじゃん」と思い出したわけで。



■愚痴

でも本当にやりたい、やってほしいのは、MIDI CCやオートメーションの表示名の変更です。Logicではできるのにね。 

--------------------

■関連記事

 

eki-docomokirai.hatenablog.com

 

 

eki-docomokirai.hatenablog.com

 

 

© docomokirai 2017 無断転載、商用利用ならびに「音響DTM系のアフィリエイト広告を主目的としたウェブ活動」での利用を禁ず
レッスン案内はこちら。  寄付はこちら