eki_docomokiraiの音楽制作ブログ

作編曲家のえきです。DTM/音楽制作で役立つTIPSを書いています。

Cubase9への移行作業(3)古いバージョンのCubaseからキーコマンドファイルの引き継ぎ

備忘録を兼ねて、Cubaseのバージョンアップについて色々書き連ねています。クソ記事ですみません。

2017年10月27日午後4時更新。

 

■キーコマンドファイルの移植

やや不確かな手順です。成功、あるいは失敗したらコメント欄かあなたのブログ記事のネタにどうぞ。

 

・(1)先にロジカルを移動しておく

ロジカルを移動しておかないと、ロジカルに対するキーコマンドとマクロ関連付けが成立しません

後からロジカルを入れても関連付けを自動で作り直してくれません。

必ず先にロジカルを移動しておいてください。

移動先は

C:\Users\ユーザ名\AppData\Roaming\Steinberg\Cubase 9_64\Presets\Logical Edit

 

AppDataフォルダは隠しフォルダです。表示させる方法が分からない場合はこの記事の少し下をどうぞ。

 

 

・(2)キーコマンドのファイルを移動する

Cubaseのフォルダ

C:\Users\ユーザ名\AppData\Roaming\Steinberg\Cubase 6_64\Presets\KeyCommands

から、

Cubaseのフォルダ

C:\Users\ユーザ名\AppData\Roaming\Steinberg\Cubase 9_64\Presets\KeyCommands

にコピペ。

で、

f:id:eki_docomokirai:20171026205619p:plain

「プリセットとして」開けばOK。

(何度かテストした痕跡でゴミファイルがたくさん入っている画像ですがご愛嬌で。)

 

--------------------

■AppData\Roamingフォルダが見つからない場合

 

AppDataフォルダは隠しフォルダです

 

C:\Users\ユーザー名\

まで移動したら、フォルダの設定を変更してください。

 

フォルダーオプション>表示>下の詳細設定を見て、「隠しファイル。隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する」をオンにして、「適用」「OK」

f:id:eki_docomokirai:20171026211823p:plain

 

これで隠しフォルダの「AppData」が表示されます。

f:id:eki_docomokirai:20171026212618p:plain

Cubaseを使っているとたまに触ることになるので、このフォルダはショートカット化しておきましょう。

 

ショートカットとして確保できたら、事故防止のために「隠し~を非表示」に戻しておいた方が良いです。

 

--------------------

 

■とはいえ作り直しは悪いことではない

あなたがバージョンアップしようと踏み切ったということは、音楽制作が一段落して暇だということです。

そういうタイミングで改めてロジカルやマクロを作り直し、洗練させることはとても良いことです。

うまく引き継ぎができなかったとしても、それは「怪我の功名」「塞翁が馬」だと思って、前向きに環境改善のチャンスだと思うべきです。

 

--------------------

 

Cubaseの設定ファイル管理についての関連知識

昔からよく言われているように、Cubaseの各種設定ファイルの管理はかなりアレです。

OSの扱いの手順からすれば適切だと言えなくもないのですが、純粋に音楽ツールとしてだけPCを扱いたい人にとっては非常にアレです。

 

とは言え、これらの知識は知らなくても良いと言えなくもありません。別に知らなくてもCubaseを扱うことはできます。

でも、こういうことを知らないとバージョン乗り換えや再インストール時の復旧でとんでもない手間になってしまいます。

こういう手間があるから、徹底カスタマイズすることに慣れていないとCubaseは使いにくいとか、煩雑だ、と言われているわけです。

 

■キーコマンド用の拡張子「.xml」ファイル

いろいろなソフトウェアで使われているファイル形式です。

Cubaseの各種設定ファイルの多くは.xmlです。

がんばれば中身を直接書き換えることもできます。

もし直接書き換えることをやってみたい人がいたら、ネット検索で「xml エディタ」で検索して挑戦してみてください。自己責任で。

 

■拡張子「.key」ファイルとは何か?

ダメなのは右のフォルダを開くアイコン。(移植できねー!と思っていたのは右のから開いていたからでした。)

そもそもこの右のアイコンは何のためにあるのか謎。「.key」という拡張子を要求してくるのだけれど、一説によればSX3以前の形式を移植・置換するためのもの「らしい」です。

SX2時代のファイルはあるのですが試すのも無意味なので放置。もし興味がある人がいたらテストしてみてください。

 

もしKeyCommandsのフォルダが無い場合は、新しいCubaseでプリセットを保存。そうすればフォルダが生成されるはずです。

 

ロジカルプリセット等も同様の仕組みで、生成されたフォルダに旧ファイルをコピペすればOK。

 

--------------------

キーコマンド以外の「環境設定」などの引き継ぎはこういうトラブルが無いはずです。

--------------------

 

そんなわけで、環境引き継ぎはすぐに終わりました。

つまり、ロジカルプリセット等のフォルダがぐちゃぐちゃのまま、この先も生きていくことになります。整理整頓のきっかけを失いました。

f:id:eki_docomokirai:20171026211307p:plain

262個のロジカルプリセットは今後も増大していくことになりました。

 

--------------------

 

Cubaseの諸設定ファイルに触る時に便利なツール

過去記事で紹介した「Everything」というファイル検索ツールを用意しておくと、様々なファイルの発見がスピーディになります。(Windows版のみ)

 

eki-docomokirai.hatenablog.com

 

記事に興味のない人はこちらから直接ダウンロードサイトへどうぞ。

「Everything」高速なファイル検索ソフト - 窓の杜ライブラリ

 

まじで便利だから入れるべき!

初心者だったらなおさら入れるべき。PCのファイル管理の勉強になる。

 

 

で、Cubaseを使う上でEverithingがどういう時に便利になるのかを説明するために、先程の画像をもう一度貼りますね。

f:id:eki_docomokirai:20171026205619p:plain

ここに妙なネーミングのファイルがあります。

このようにして妙な名前つけたファイルをEverithingで検索し、どこに保存されたのかを追跡できる、ということです。

f:id:eki_docomokirai:20171026213450p:plain

(ユーザー名消してないけどネットでも本名出して活動してるし、別にいいや。)

こうすることで、新規に制作された設定ファイルがどこに格納されたのか素早く見つけることができ、ソフトウェアのファイル管理を追跡することが容易になります。

 

不要になった妙な名前のものは、同様にEverythingで追跡して消せば良いです。

 

また、Cubaseで音楽を制作している上でも、様々なファイルをスピーディに検索できるメリットがあります。

プラグインの管理でも非常に役立ちます。「メーカー名 dll」などで検索すれば、分散して格納されているファイルを追跡することが容易になります。サンプルオーディオ素材の検索にも便利です。日付などでもソートできるので、過去曲で使ったファイルの再利用の際に役立ちます。

 

DTMをやっている人なら必ず役立つツールです。何度も言うけど本当に入れておくべき。

 

ファイルの作成日時や更新日時も検索できますし、スペースを開けることで複合検索もできます。

検索スピードも尋常じゃない速さなですし、動作も安定しています。これは本当におすすめです。

 

■エロ動画検索にも便利

ただし、共用PCでエロ動画を偽装フォルダ名で管理している人は気をつけてください。mp4などの動画拡張子で検索されると一発ですべてのファイルが発見されてしまいます。アクセス日時でも検索できるので色々とアレです。

 

■便利なツールはタスクバーからクイック起動して使う

で、Everythingなどの頻繁に使う便利ツールはタスクバーの頭の方に入れておく。

そうすればOSのショートカットキー操作で瞬時に起動できます。

f:id:eki_docomokirai:20171026214639p:plain

適当な順番やカテゴリごとに綺麗に分類している人もいますが、この「Win+数字」によるクイック起動を使うことを前提にすると、また別の快適なPCオペレートができるようになります。

私の場合はよく使うのが「マウス設定」「Everything」「音量設定」「Evernote」なので、Win+1234で起動できるようにしてあります。それ以上の部分はわざわざショートカット起動することもないので割りと適当です。お好みに応じて試してみてください。AIFの設定などを設置しても良いかもしれませんね。

「Winキーは邪魔でしかない」と言っていた人もこのショートカットを知ってからWinキーを復活させていたりもします。ツールを使ってWinキーを殺すほどのカスタマイズ好きでもこのショートカットを知らないということは、かなりマイナーなのでしょうか。

--------------------

 

引き続き、Cubaseの諸設定を行いながら、気が向いたらブログの記事として残していきます。

 

私はこのあともしばらく設定作業とCubase9の習熟だけで数日過ごす予定なので、暇人がいたらいつでもスカイプコールください。ID docomokiraiです。

© docomokirai 2017 楽曲制作、ミックス、マスタリング。DTMと音楽理論のレッスン。