eki_docomokiraiの音楽制作ブログ

作編曲家のえきです。DTM/音楽制作で役立つTIPSを書いています。

Cubase9への移行作業(2)Page Up / Downキーはキーコマンドでは使えませんでした

遅ればせながらCubase6.0.7からCubase9への移行作業をしています。

気がついた点などについて備忘録を兼ねて書き連ねておきます。不定期に更新し続けます。

Cubaseのカスタマイズ話に興味がある人がいたら、一緒にスカイプ談義しながら作業してみませんか?(Skype ID docomokirai)

 

■キーコマンド(ショートカット)のPageUp/Down問題

何のオチも無く、「ダメでした」という無意味な結果になる話です。

 

以前からすでに知られていることなのですが、CubaseではキーコマンドにPageUpとPageDownを組み込むことができません。(モディファイアキー+PageUp/Downなら可能です。)

 

Cubase9のキーコマンドを設定しつつ観察していると、なんとCubase9ではPageUp/Dnがあるじゃないですか!?

f:id:eki_docomokirai:20171026164817p:plain

これがどこに対応しているのかというと、「下ゾーン」のページ切り替えです。

f:id:eki_docomokirai:20171026165134p:plain

ここの部分を操作できるキーコマンドでした。

残念ながら全てのページ(上下左右の「ゾーン」)に対応しているわけではなく、「下ゾーン」のみというニッチな仕様。こんなところのためにキー割当をしていることから、1画面で使って欲しいということなんでしょう。

俺は1画面オペなんてしないけどね!

 

ともかく、今回はキーコマンドにPageUp/Dnがある。

試しにキーコマンド割り当てでPageUDを押してみたんだけど反応無し。(相変わらずモディファイア+Pageは反応する。)

 

もしかしたらキーコマンドの.xmlファイルを直接書き換えることで実装できるんじゃないか?ということを試してみた。

 

結果だけ言うと、ダメでした。

 

xmlファイルの中にはこのようにシンプルな語法でキーコマンドが書き込まれています。

文字列を検索すると、「次のページを表示(英語版だと"Next Page")」の中にPgDownの表示があります。

f:id:eki_docomokirai:20171026164109p:plain

ぐへへ。見つけたぜこの野郎!こいつをコピペして他のコマンドに割り当てればPageキーを任意に割り当てできるぜ!

 

と思って試してみたんだけど失敗しました。

 

もしかしたらできるかもしれないので、他の設定が終わってから再挑戦してみたいと思います。

 

※上の画像の行数は「現時点での私の環境での行数」です。

あなたが使っている環境でxmlファイルを開いても行数は違います。

もし検証をやってみたい人がいたら、あなたのxmlエディタの中で"PgDown"を検索して場所を特定するところから開始してください。

 

こんな話に興味を持つ人であればすでに知っているはずですが、キーコマンドファイルの場所は

C:\Users\ユーザ名\AppData\Roaming\Steinberg\Cubase 9_64\Presets\KeyCommands

です。

キーコマンドを「保存すると」このファイルが生成されます。Cubaseの各種設定ファルは、未保存の場合には生成されていませんのでご注意を。

あと、言うまでもありませんがファイル破損に備えてファイルのバックアップを残してから作業してください。当たり前ですね。

 

 

--------------------

 

あと数日はひたすらカスタマイズ作業をやっている予定です。

仕様が若干変更されていると噂のロジカルエディターなども調べていく予定なので、本当に数日間こればかりやっている予定です。

 

この手のカスタマイズ話に興味がある人がいたら、一緒にスカイプ談義しながら作業してみませんか?(Skype ID docomokirai)お気軽にコールください。

© docomokirai 2017 楽曲制作、ミックス、マスタリング。DTMと音楽理論のレッスン。