eki_docomokiraiの音楽制作ブログ

作編曲家のえきです。DTM/音楽制作で役立つTIPSを書いています。

Electri6ityの使い方の本(PDF、電子書籍)執筆経過報告

DTM、ギター音源Electri6ityに関する記事です。

当初の予定から大幅に増量し、現在109ページまで増えています。

f:id:eki_docomokirai:20170521130344p:plain

■5月内にリリース予定、かも

遅れていてすみません。

まだ執筆中です。早ければ5月中にはリリースしたい、できたら良いなぁ、と思っています。

事前に購入希望の連絡が想像以上に多く来ています。

 

もし書いて欲しい内容があれば可能な限り対応していこうと思いますので、お早目に連絡ください。

----------

とはいえ、すべての要望に応えられるわけではないことをあらかじめお断りしておきます。

というのも、Electri6ityは万能ギター音源ではないので、すべてのギター奏法を再現できるわけではありません。やりやすいことと非常にやりにくいことがあります。これはElectri6ityに限らず、どの音源でも同じですね。

 

Vir2に対して個人的な出版・販売許可はいただいておりますが、その際に「すべての機能を絶賛する内容にはしませんよ!」ということも許可を取っています。なので、「できること」「できないこと」「やりにくいこと」をユーザー目線でちゃんと書いています。

----------

■その他の進捗状況

知人からの薦めもあって国内販売代理をしている企業に対して企画を持ち込んだのですが残念ながら提携することはできませんでした。

プラグイン音源としては決して安くはないElectri6ityを「買ったは良いけれど使い方が分からない!」という人が多いことは、音楽制作同業者やネットの声で明らかです。それってつまり代理店が作っている日本語マニュアルやユーザーサポートがあっても分からないってことですよね?

だったら非公式のものでも「こういう参考本があるよ」とリンクを貼ってもらうだけで印象も良くなるかなぁと思ったのですが、企業として全面的に企画から監修までチェックしないと提携できない、とのことでした。

でもそれって、自社取扱品だから「大人の事情」で書けないことが出てくるってことですよね……

多くのDTM関連オフィシャル書籍がそうであるように、「これはできない」「ぶっちゃけ苦手」と言えないのは、ユーザーが求めている内容ではないと思うわけです。

----------

というわけでもうしばらくお待ち下さい。頑張って書きます!

© docomokirai 2017 楽曲制作、ミックス、マスタリング。DTMと音楽理論のレッスン。