eki_docomokiraiの音楽制作ブログ

作編曲家のえきです。DTM/音楽制作で役立つTIPSを書いています。

音楽理論について思うこと

 

以前に別のブログの紹介文に掲載していた内容を移動、加筆しました。


音楽制作をやっている人の間でよく話題に挙がるので、音楽理論に対する私の考え方について書いておきます。

音楽理論について

やりたければやれば良いと思います。

やらなくても音楽制作はできます。

 

 

音楽理論についての話は人によってさまざまな意見があります。
理論を勉強しても無意味とか、
むしろ勉強しないほうが良いと言う人さえいます。

自分が信じたやり方で良いというのが最終的な結論です。
人生の時間はあなたのものだからです。

 


音楽理論を身につける場合、2つのルートがあります。

自分自身を「勉強」という方法で上達するタイプだと思うなら、教科書で勉強して習得できます。学校の勉強が得意だったタイプ、そこそこの以上の高校・大学の人ならおすすめです。

学校での勉強が苦手で、「経験」「カン」で上達するだと自覚しているなら、教科書を読んでも効率が悪いです。どんどん曲を作って学んだ方が良いです。

身につけ方は人それぞれです。
すべての人に向いている学習方法は存在しません。


 

他人が音楽理論に対してどう思っているかを変えることはできません。
もし教えたいなら、教えられるレベルまできっちり身につけましょう。

あと、学習途中のレベルで音楽理論について論議しないほうが良いです。
自分の中途半端な理論で、相手の中途半端な理論を叩くだけになってしまいます。お互いの足を引っ張ることにしかならないので語らない方が良いです。

論議している暇があるなら勉強するか曲を作りましょう。


おすすめの音楽理論書を紹2014
http://ch.nicovideo.jp/dtm_ekimae/blomaga/ar455940

という記事も書いてあるので、教科書を買う際の参考にしてみてください。


■私の場合

独学後に専門学校の副科+個人指導でジャズポピュラーもクラシックもそれなりに修了済みです。が、劣等生でした。
今でも理論より感覚を優先しています。

ベースになっているのが幼い頃からいろいろな楽器でいろいろなジャンルを演奏してきた経験で染み付いた感覚こそが自分の特徴だと自他共に認めるところです。

たまにニコ生で「えきは理論できる」と言ってる人がいて、それはそれで嬉しくはあるのですが……私が理論をできている人だと感じるんだとしたら、それはかなりまずいレベルだと思います。

作編曲のレッスンで音楽理論について触れることはありますが、音大入試向けなどの理論のレッスンは行ってない、そういうレベルです。


■たとえで言うと……

音楽理論の存在意義について、たとえ話をします。

音楽理論の習得は「ケンカに勝ちたくて空手を習う」のと同じではないでしょうか?

もともとケンカが強い人は空手を学ばなくても強いです。
→もともと音楽が上手い人は、音楽理論を学ばなくても上手いです。

空手を習ってる人には素人では勝ち目が無いです。
→音楽を習っている人には勝ち目がないです。

かじった程度の空手では、強い素人に勝てないこともあります。
→かじった程度の音楽理論では、音楽が上手い素人に勝てないこともあります。

もともとケンカが強い+空手を習ってる人はバケモノです。
→もともと音楽が上手い+音楽理論を習っている人はバケモノです。

 

■理想じゃなくても継続しよう

いずれにしても、本を買うだけでは何も身につきません。人の話を聞いているだけでは何も身につきません。音楽をただ聞いているだけでは何も身につきません。

が、独自の方法で練習するだけでも、多少のテクニックは身につきます。

自分よりできる人に教われば誰でもそれなりに身につきます。

もっとできるようになりたい欲があるなら、プロに教わった方が良いです。

教わるならできるだけ良い先生に教わった方が良いです。

でも、本当に良い先生はド素人に教えてくれることは、まずありません。

また、良いレッスンは高額です。

実際にテクニックを使ってみないと、コツが理解できません。

理想的には3歳の頃から最高の先生に教わるのがベストですが、誰もが理想の環境に生まれたわけではありません。だから「理想を言えば◯◯をやったほうが良いよ」とかいう正論に耳を傾ける必要はありません。今できることをやり続けることだけが大切だと思います。

 

■理論をやるとつまらない音楽になる?

理論無しでも素晴らしい音楽を作っている人はいます。
しかし、「素晴らしい音楽を作るための条件=理論を学習していない」ということではありません。

理論は身につけたほうがベターです。

そして、理論は身につけた上で、一度捨てるものです。

 

・学習するなら必ず応用の段階まで身につけること

初歩の技術しか身に着けていないと、初歩の理論に縛られたつまらない音楽になってしまいます。

大抵の本は最後に「あとは自分の発想を大事に」という、投げっぱなしな終わり方をするものです。

初歩から始まって上級技術、応用することを身に着けて、自由な発想で音楽を作れる段階までは継続するべきです。

 

・曲を作る時は忘れる

曲を作る時にいちいち理論のことを考えずにサラっと書けるレベルまで身につけるべきです。

日本語で話をする時に、いちいち文法のことを考えながら話をすることは無いはずです。

もちろん、目上の人と話をする時や、大勢の前で話をする時には、普段と異なる話し方になるので考えますが、それだってスラスラ話せないと逆におかしい言葉遣いになってしまいますね。

それと同じように、本当に身についた能力しか外に出ません。

 

スラスラ出ないということは身についていないということです。

良くも悪くも「手癖」になっているのが身についている状態です。

 

まずはワンパターンでも良いのでスラスラ使える手癖を1つ身に着け、そこを軸にしてバリエーションを増やしていくのが良いと思います。

間違った学習と実践の人は、完璧にできるまで何も曲を作らないとか言っています。そんなことしてたら数十年は曲を作れません。今できる能力

・困った時に理論で「詰将棋」する

曲を作っているとスラスラいかないポイントが出て来るのは当然です。

そういう時はその箇所で必要になる理論を持ち出して「理詰め」で作るのが良いです。

すべてを理詰めで作れる人は非常に稀なので、気にすることはありません。

 

・スラスラじゃなくて良いよ

たまに「3分間で3分の曲を作る」とか「2時間で作る」とかをやっている人がいますが、それはただのパフォーマンス、曲芸です。

また、「プロなら数時間で作れないとダメ」というのも聞いたことがあるかもしれませんが、すべての曲を数時間で作っているわけではありません。大事に温めて、とても長い時間をかけて丁寧に作った曲もあります。

「この曲は何分で作った」というのは、スピード制作が必要になる状況での話であって、例外でしかありません。

そういう変な話ばかりを収集してハードルを高くするのはやめましょう。

 

----------

音楽理論を身につける場合のコツ

・読む量<実践する量

もしあなたが本を読むだけで学習できるタイプなら、鍵盤やDAWに触れずに学習できるかもしれません。

しかし、ほとんどの人はそういう学習方法では身につきません。
読む量よりも試してみる実践の量を多めにするべきです。

■毎週1つのテクニックを暗記しよう

「毎週1個の技を覚える」ペースで構わないです。
ゆっくり確実に覚えていくことをおすすめします。

■勉強と創作は別

また、新しく覚えた技術は「次の曲で使う」と割りきっていきましょう。
もしくは技術を試してみるための「短い習作」を作ってみましょう。

習作は8小節とか16小節程度でかまいません。1つのテクニックをためすために、1番2番の歌詞まで考えて動画まで作る必要はありません。あくまでも習作ですから、短い曲でテストをしてみるのが良いです。

1つの曲を作っている間に勉強して身につけた新しい技術を、その曲の中に盛り込もうとすると、いつまでもその曲が完成しません。

そういう意味においても、「曲を作り続けることを9割+理論の勉強を1割」という音楽生活をするのがベストだと思います。

 

----------

 

■変な知識の収集をやめよう

理論の話になるとすぐに「無調音楽がー」とか「ノイズミュージックがー」とか「微分音がー」言い出す初心者がいますが、もし無調やノイズを作りたいわけでもないなら、自分に必要ない風変わりな音楽に関する理論の収集をやめましょう。

また、習得してもいないのに単語だけ出して「こんなのもあるよ」的な雑学自慢のための知識収集もやめましょう。

即興演奏のための理論はプレイヤー志望の人が身につけるべき理論です。演奏の補強のための理論です。DTMで作編曲をする人には不要です。

音楽理論」というカテゴリはめちゃくちゃ幅広いので、興味を持つ必要があるのか無いのかを選別しましょう。

 

今まで多くの人がそういう話題を突然持ち出してくることがありました。そういうことを言い出すのは、ほぼ例外なく超がつくレベルの初心者です。

逆に質問をして「へぇ、あなた微分音を使う音楽をやってるんですか?」と聞き返すと「やってない」と言うのがほぼ100%です。 もっと酷い場合には「微分音について知っていることを教えてください」とか「具体的にどの曲の話をしたいんですか?YouTubeのURLあります?」と聞くと、具体的に何も勉強していないので完全に口ごもってしまっていました。

そういう人たちがやっているのは雑学や単語自慢でしかなく、音楽ではないと思います。

音楽の勉強をしたいのであれば、そういう人たちから遠ざかることがまず大事だと思います。

自炊のために料理の勉強をしているところに突然やってきて「世の中にはウンコから作る料理もあるよ」と言っているくらい頭がおかしい人たちなので、付き合う価値がありません。

© docomokirai 2017 楽曲制作、ミックス、マスタリング。DTMと音楽理論のレッスン。