Cork

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

eki_docomokiraiのブログ

作編曲家のえきです。DTM、音楽制作TIPS、およびゲーム(Diablo3RoS)の話を書いています。

Diablo3、レジェンダリジェムについて。「Strickenって必要ないですよ?」

Diablo3

対ボス用レジェンダリジェム”Bane of the Stricken”に対する誤解について書いておきます。

 

重要な点だけまとめておくと、

  • Strickenにこだわるのをやめよう
  • 防御ジェムを使えば超攻撃的なプレイが可能になる
  • 複数ジェムを常備しよう

です。

以下詳細。

 

 

 ■Strickenはエリートには効果がありません

まずStrickenに対する誤解と、いかに無意味なジェムであるかについて。
f:id:eki_docomokirai:20161010182507p:plain

セカンダリの+25%ダメージの効果があるのは「アクトボス」「リフトボス」だけです

エリートには効果がありません!

 

知っている人にとっては常識なのですが、これを知らない人が驚くほど多いのが実情です。リフトの待ち時間で膨大な人数の装備チェックをしてきたのですが、ツッコミを入れた人数と「まじで!?(英語で)」と言われた回数は数え切れないほどです。

道中のエリートに対して効果があるのはプライマリの「当てるたびに1%程度ずつ増加」だけです。

連打によって威力が上がる効果です。

この効果は超長期戦になって初めて効果を実感できるものであって、高速ファームや、70程度のGRではまったくと言って良いほど効果がありません。

 

 

■Strickenは高GRボス専用だと思ってOK

ともかく、Bane of StrickenはGR70以上(DPS職では80以上)の最高到達点を押し上げる時以外には全く必要ない、地雷ジェム筆頭だとさえ言えます。GR押し上げはシーズン末期にやれば良いプレイ内容であって、シーズン序盤や中盤は、各種素材を集めてリフォージをすることで装備を強化する時期です。また、Caldesannの1回目(LVL50)を行って初期のAIを強化する時期です。Strickenを使って高GRをやるよりファームすることが大事です。

Strickenの効果はものすごい回数(数100回レベル)を命中させることによって爆発的なものになるので、GR70台ならStrickenは不要だとさえ言えます。他のジェムを使った方がGR全体のスピードが上がります。Strickenで早くなるのはボスとの戦い「だけ」だと思って良いです。

 

■高GRボス戦より道中とファームが大事じゃね?

たしかにBane of the Strickenは高GRのボス戦で非常に強力です。

でも、道中を効率的に攻略できれば、ボスの時間が何割か増えたとしても余裕です。

道中で何度も死んで手こずっていると、ボスが出現した時にはもう手遅れという状況になってしまいます。それではStrickenを持っていても無意味です。また、強力なボス相手に何度も倒れているようでは、火力以前の問題です。

道中のスピードを改善すれば、相当な高GRでもないかぎり必ずクリアできます。

 

あと言うまでもないけど、中途半端なパーティで高GRに挑戦するのをやめましょう。

敵の生命力は、

ソロだと100%
2人だと150%
3人だと200%
4人だと250%
になります。
1人追加で基礎値から50%増しです。(150%の5割増や200%からの50%増ではなく、あくまでも基礎値からの割増計算です!)

敵の生命力が高いということは、倒すまでに時間がかかります。時間がかかるということは、致命傷になりかねない強力な攻撃を受ける危険度が高まります。それを回避するために動き回る必要が生じ、周辺の敵を余計にひきつけてしまったり、一箇所にまとめるための動きもままならなくなります。

特に顕著なのは設置型攻撃(アーケインセントリー、毒、燃える床)です。設置攻撃は交戦時間が長引くと周辺フロアを埋め尽くすほどの量になってしまい、敵に接近することさえままならなくなってしまいます。

そうなる前に数秒で倒すのが基本です。(逆に言えば、高GRとは長時間の戦闘に耐えられる防御力の確保こそが重要ということです!)

特にクールダウンを要するスキル1回で殲滅できない場合には2回3回のターン待ちになってしまい、クールダウン中にやられてしまう危険性があります。

GR70(ソロ)程度は長期戦用のStrickenの真価が発揮されるほどの高GRではありません。それよりも 道中で倒れずノーミスで安定して走れるようにするために防御系のレジェンダリジェムを使った方が、GRのタイムも良くなることのほうが多いです。

 

■ランクアップ100%にこだわるのをやめよう

ジェムランクを60にしたい場合、GR70だと100%ランクアップが可能です。

あげたいジェムレベル+10のGRだと100%上げられるということです。

 

でも、欲しいランクのジェムと同じ数字のGRでも60%の確率でランクアップできます。60%ということは半分以上、つまり6回やれば6*3回で18回のチャンス、その半分だと考えてもランクを9上昇させることができます。たった6回やるだけで良いんです。

100%が60%になるとガッカリする人が多いようですが、半分以上の確率があるなら上出来だとは思いませんか?

また、60%で何度も失敗しても、いちいち落ち込む必要はありません。「3回ミスったー」とか悲劇自慢報告をしている暇があったら、次のGRに走りましょう。チャットをしても何も改善しません。

■Strickenより大事なジェム

どの職、どのビルドでも、この5種を常に高レベルでキープしておくと良いです。

f:id:eki_docomokirai:20170226201841p:plain

Caldesann合成にも使わず、常に高レベルでキープ!

順不同になりますが、

 

Bane of the Trapped。(攻撃用)

f:id:eki_docomokirai:20161010182510p:plain

どのビルドでも大活躍する定番の火力アップジェムです。
複数作っておく(※後述)と、新キャラ育成を自力で行うことも簡単になります。

 

Bane of the Powerful(攻撃)

f:id:eki_docomokirai:20161010182508p:plain

ちょっとクセのある攻撃ジェム。
プライマリ効果の発動条件が、エリートパックを「全滅」なので、子分を逃してしまったり、逃げ回るタイプの弓や魔法を使うエリートの場合、Powerfulの効果が途切れてしまいます。確実に全滅できる圧倒的な火力がある場合には効果的なのですが、逆に言えばそれだけの火力があるなら、すでにPowerfulが無くても良いんじゃね?という矛盾があります。

セカンダリ効果はエリートに対し常に15%ダメージアップなので、これは効果的ではあります。

でも、Powerfulを必要とするくらいなら、防御ジェムを装備して命知らずな脳筋突撃を可能にしたほうが攻撃力が上がるんじゃね?というのが私の戦略です。

 

Pain Enhancer(DOTダメージ、攻撃速度アップ)

f:id:eki_docomokirai:20170226201506p:plain

DOTダメージ(一度当てた敵にじわじわダメージが入る)が発生できます。低難易度ファームをする場合、ちょっとでもカスった雑魚が数秒後にばたばた倒れるようになり、いちいち攻撃する必要すらなくなります。リフトキーストーン狙いのNRで確実にバー伸ばし速度がアップします。ちょっとでもダメージを与えた敵に確実にDOTを発生させるので、ダメージの高さは相当なものがあります。

 

Wreath of Lightning(移動速度アップ)

f:id:eki_docomokirai:20170226201532p:plain

攻撃を命中させると15%の確率で25%の移動速度アップ。
周辺に電撃を撒き散らしますが、これの威力は低いので、あくまでも移動速度アップ用と割り切った方が良いです。火力はダウンしますが、難易度を下げたT8やT10の高速バウンティで活躍してくれます。移動速度アップは通常の装備品やパラゴンによる上昇では25%が限界ですが、それ以上の移動速度にしたい場合はこういうジェムを使います。

 

Taeguk(攻撃+防御)

f:id:eki_docomokirai:20170226202107p:plain

当てた回数でダメージ上昇と防御上昇が得られる、攻防一体のジェムです。
どのビルドでもバリエーションの1つとして有効です。

 

Esoteric Alteration(防御)

f:id:eki_docomokirai:20161010182509p:plain

属性ダメージを大幅にカットしてくれます。防御ジェム筆頭!

新キャラを作ってレベル70にした後、高GRの引率プレイで寄生プレイする時に大活躍します。

このジェムをつけた上で、その他のソケットにダイヤモンド(レジスト+)やアメジスト(VIT+)を付けておけば、作ったばかりのキャラでもT10やT13程度なら生存し続けることが可能になります。

寄生プレイをするなら必ずつけておくのが引率を受ける時の礼儀だと思います。死なずに、ゲームのテンポを落とさず、誰の援護も必要とせずにドロップ品をかき集めることができます。また、戦いには参加できなくてもマップ制作でパーティに貢献できるようになります。

 

Molten Wildbeest's Gizzard(防御)

f:id:eki_docomokirai:20161010182506p:plain

激烈なライフ回復力と自動シールド展開。Zmonkに支援してもらっているような感覚でプレイできます。セカンダリのシールドはちょっと逃げ回っているだけで次々に自動展開します。ランク30程度でも激烈な回復効果があります。使っている人が少ないですが、とてつもない生存力を得られます。

 

 

 

で、最後にStricken。
f:id:eki_docomokirai:20161010182507p:plain

最終的に高GRで必要になるので、常に最高レベルを維持するようにしておきましょう。

複数のキャラを作っている場合、複数のStrickenを作って箱に常備しておくと良いです。

 

■Strickenと相性の悪いビルド

Strickenのプライマリ効果は攻撃速度が速いビルド向けの性能です。中途半端な攻撃速度のビルドに装備させも価値が半減です。だったら防御用のジェムを装備し、道中でのエリート引き回しと、複数エリート戦での勝利を確実なものにしたほうが、GRは高速化しますし、ノーミスで安定します。

 

 

■高GRパーティなのにStrickenを使わない?

高GRパーティのリフトガーディアン戦では、純粋なDPS職、つまりウィザードや火力特化モンク以外は、どんなに頑張ってもボスを倒すのに十分な火力を得られません。ウィザードが9割減らし、他の人はせいぜい1割とかいう状況になります。

そういうパーティの場合は、対ボスはStricken付きウィザードにすべて任せます。その代わり、クールダウンの長いウィザードでは道中のエリート&ザコ狩りが困難になることがあるので、あえてStrickenを使わず、Pain EnhancerやTrapを使うケースがあります。

■パーティではStrickenは1人で十分

この考え方はNRでも同じです。道中のエリート&ザコを素早く倒すためにStricken以外のジェムを使い、ボスはStrickenを持っている人に任せてしまうという方針です。

よくパブで見るのは、道中が遅く、下手すると死んでしまう人がいるくらい苦戦しているのに、ボスだけは全員がStrickenを装備しているので瞬殺という状況です。

パーティではボスに攻撃を当てやすいこともあり、ボスを瞬殺できることは多いです。

ボトルネック」という言葉があります。何かの作業をしていて、ある1点で滞ってしまい、全体の能率を落としてしまっている急所という意味のビジネス用語です。ボトルネックの解消のためには、余力のある他の作業に対する余剰人員を、ボトルネックの場所に移動させて、全体の流れを良くします。

この考えはゲームでも同じ、Diablo3でも同じです。

NRの道中で死んでしまうくらいならStrickenを他のジェムに変えて、エリート瞬殺や防御アップで安定感を出し、NR全体をスピードアップできるよね、ということです。

誰かが倒れて、その周辺の敵をすべて倒して、蘇生して「thanks」なんて言ってるからダメなんです。そもそも倒れないことによって全体が早くなります。

 

■悪循環

1,Strickenを装備しているから防御を確保できず、

2,防御が足りないからパーティの防御力を高めるZ-Monkが必須になり、

3,敵の体力はパーティ人数の掛け算で増えるから、火力不足になる

4,火力不足だと思ってStrickenを使い続けるから死にまくる

5,死にまくるからクリアできない

という理屈です。

考えなしにZを入れるくらいなら、Strickenを防御ジェムに変えてソロや2pplでやった方が効率が良いです。

火力不足で殲滅しきれないから、同時戦闘する敵の数を減らし、シングルエリートと戦う。それじゃあどうやっても80以上はクリアできません。単純な算数の問題です。80程度がクリアできないのは装備のせいでもなく、パラゴンレベルのせいでもなく、クソマップのせいでもなく、単に人災です。(もしくは根本的にビルドを間違えています。)

Diablo3ってこういう誘惑が多いんですよ。ほんと。攻略のために必要ない要素を追加して誘導しているんだけど、実はそれ使わない方が安定するよ、っていう。悪魔的な設計だなぁと思います。

--------------------

■ファームビルド同様、隠蔽されている「安定GRビルド」

リーダーズボードはそのプレイヤーが「ベストな1回」を叩き出した時の装備しか掲載されません。ベストな1回なのだからStrickenが掲載される率が高いです。

でも、本当に必要なのはベストな1回ではなく、ベストな1回が本当に必要な状況に持ち込むことです。何のことかと言えば、新ジェムを高めのレベルまで持ってくるための中堅ビルドです。

ファームビルドでそこそこのレベルのジェムを量産し、それを中堅ビルドでかなり高い数字まで持ち込み、そして最後にStricken込みのベストビルドで最後のひと押し、ベストなジェムを作る。それがDiablo3の育成ルーチンです。

それをちゃんとやっていないからいつまでもCaldesann合成をせず、ザコ状態で寄生プレイばかりし続けるクセが付き、他プレイヤーを妬むことしかできないクソプレイヤーが量産されているわけです。

Strickenなんてシーズンの最後の最後まで必要無いんですから、さっさと中級ジェムを腐るほど量産してAIは即Caldesann合成をしましょう。

--------------------

■同じジェムを複数用意する方法と、その意義

新キャラを作り、ジェムを持たせます。

元のキャラに戻してGRに行けば、そのジェムが再びドロップします。GR1でもドロップします。

 

上で紹介した使いやすいジェムを鍛え上げておけば、新キャラを自力育成するのも簡単になります。

また、サブキャラとしてZ(ゼロ攻撃力)のビルドを作った場合に、メインキャラに同じジェムをもたせたまま、同じ品種のジェムを育成していくことができます。

二度手間になると感じる人もいるようですが、パーティメンバーを待たせることなくスマートにメイン用ジェムのランクを上げていくことが可能になります。

予備に育てたジェムがメインキャラが装備しているジェムよりも強力になったら交換すれば良いということです。

これをやらずに「ジェム付け替えるからちょっとまってね」とかやっていると、パーティメンバーが退屈し、せっかくの良いパーティが解散してしまうことがよくあります。

自分1人のわがままのために3人を待たせるのは礼儀知らずだと思われても仕方ありませんよね?

どんなに親しいと思っているメンバーでも、待たせることが多すぎると「あいつ、いつも行動遅いんだよなぁ。誘いにくいし、他のメンバーに紹介しても迷惑かけそうだよなぁ。」と思われても仕方ありません。親しき仲にも礼儀ありですね。

© docomokirai 2017