eki_docomokiraiの音楽制作ブログ

作編曲家のえきです。DTM/音楽制作で役立つTIPSを書いています。

近況・時事・興味・雑記

おすすめの音楽理論書「サルでも分かる音楽理論(下巻)」

(音楽理論の説明記事ではありません!) 独学で音楽理論を勉強している人から「アッパーストラクチャートライアドについて詳しく書かれている本は無いかね?」というピンポイントすぎる音楽理論の質問メールをいただきました。せっかくなのでブログ記事で返…

2018年の同人音楽活動のメンバーを緩く募集中です。

同人音楽活動のメンバーを緩く募集中です。 「OLD GAME MANIACS」というレトロゲームアレンジ音楽サークルのメンバーを募集しています。(サイトは引越し準備中です。)(2018年2月18日更新)

Cubase最上位版の高速編集について。効率作業で時間短縮!

「こういう高速MIDI編集はCubaseでもできますか?」という旨の問い合わせがありました。 せっかくなのでブログのネタにします。 時短話と、カスタマイズ話、乗り換え話がごちゃまぜになった雑な記事です。後で分割するかも。

Pianoteq6の使い方

定番のピアノ音源「Pianoteq」を使用しています。 このたびバージョン6に有償アップデートを行いました。 このレビュー記事はpianoteq.comからもThat is a very well written reviewだとお褒めの言葉を頂いています。めでたい。 (2018年2月8日更新)

コードネームをテキストで記述する際の注意点

テキストでコードを書く場合には注意が必要ですよ、という話。などなど。 海外でも長年問題になっていて、結局統一された記述が普及していません。 そもそも音楽の勉強をコンピュータ上の、それもテキストでやっている時点で「それはどうなのよ?」なわけで…

Facebookの翻訳ボタンが消えた時の対処方法

Facebookでは英語等の外国語で投稿やコメントをし続けていると、「その言語を理解できる」と判断され、翻訳ボタンが消えるようです。 翻訳ボタンが消えてしまった際に、再び表示させる方法について書いておきます。

机上の空論、ダメ資料に騙されるな

今回はダメな海外音楽資料を紹介します。一切参考にしてはいけません。 また、ダメ資料に騙されないようにするための心掛けを書いておきます。 随時追記しています。 (2018年2月16日更新)

音楽家が読むべきビジネス書の話

翻訳記事。Sonicscoopの記事の紹介です。 結論だけ書くと「音楽の本だけじゃなくて、ビジネス書を読め!」という内容が書かれています。 最近ビジネス書を読みましたか? 役に立つんだか意味が無いんだか、なんとも言えない背伸び感のある記事ですが、あえて…

Wormaxという不毛なミミズゲーム

今回は息抜きゲームの話です。 ブラウザゲーム「Slither」や「Wormax」などのスネークゲームの攻略方法について書いておきます。 いくつかの亜種がありますが、個人的にはWormaxがもっとも洗練されていると思っています。 軽量で通信ラグも少なくゲーム展開…

31曲の世界的リファレンス楽曲リスト(Youtube再生リストつき)

(人気記事!)Musician on a Missionでフリー資料として紹介されているRob Mayzes氏(Twitter@RobMayzes)による「31曲の世界的リファレンス楽曲リスト」です。 2018年2月8日更新。

DTM用途マウスはEX-G Ultimateを勧める

■2017年末で最終的に勧めるのはエレコムEX-G Ultimate 現時点で最高だと思っているのがエレコムのEX-G系。M-XGM20。 8ボタン+チルト。特徴は人差し指部に追加された2つのボタンです。 エレコムのピュアゲーミングマウス"DUX"シリーズの良いところを残しつつ…

それは音楽の話ではなく雑学じゃね?

時事。雑学。あえてこれを「音楽」のニュースとして扱いたくない。 「共感覚」についてはそれを研究する専門家以外は検索する必要はありません。時間の無駄です。 2018年1月18日更新

サウンドデザイナー1月号に思うこと

やや雑記・近況ですが、音楽系にタグ付けしておきます。 今月号(来月号)のサウンドデザイナー1月号ではミックス技術特集記事が多くのページをさいて掲載されていました。が、個人的には海外ミックス情報も併せて読んでほしいなと思います。

三度音程重複の話についてマジレスしておく

(人気記事)某所で話題に上がっていたんだけど、おいおいって思ったのでブログ記事でマジレスしておく。その記事は中身が何もない。 どういうわけだかすごい数のアクセスです。あざーす。(2018年1月2日更新。)

近況。当ブログのアクセス数。

Cubase9.5リリース以降のアクセスの増え方が気持ち悪い。\ツイッター経由のアクセスが多い。 アクセスなど気にせず、もっとひっそり、好き放題に書きたい。

Cubase9系の強制Aero対策

Cubase9移行に伴い、WindowsではAero必須となりました。 で、Office系ソフトのアニメーションもオンになってしまうのが邪魔でした。 これを除去できるOfficeヘルプの紹介です。

『Electri6ityの教科書』がカテゴリーランキング1位になりました!

おかげさまでDLMarket電子書籍ランキング1位です! 瞬間風速で終わるかもしれないけど、とにかく1位は1位です!やったぜ!

Electri6ityの教科書、値上げのお知らせ

おかげさまで大変良く売れています!DLMarket月間5位にランクイン!

(書きかけ、未整理記事)金管楽器の難易度に対する考察(1)

書きかけの記事です。 金管楽器を演奏する人と、金管楽器用に作編曲をする人が知っておくと役立つかもしれない知識です。「詳細編」はとても長い記事でしたのでお蔵入りしました。この「簡潔編」は短くした記事です。 作家向けの話と、奏者向けの話が混在し…

所有したいのは思い出か?性能か?

過去に本ブログで数回翻訳記事をリリースしているSonic Scoopの記事の紹介です。今回は面倒なのと、本ブログの性質との関連性が浅いので未翻訳で要点のみです。 最近あった談義で似たような話があったので、思うところをいろいろ書いておきます。sonicscoop.…

トラブルシューティング概論(1)

Cubaseの仕様についての話です。Cubaseでトラブルが起きた際に、必ず踏まえておくべき知識として普及して欲しい。 要点だけ書くと「何かやったらCubaseを再起動」です。

Cubase9で32bitプラグインを使えるらしい技に失敗した、他

Cubase6.0系のプロジェクトをCubase9.0系で開くテストと、32bitブラグインを強引に使えるようにできるという話が「失敗した」報告です。試してみたい人向けに、今回の手順については詳細に書いておきます。

スクリーンショット用ツールを「きゃぷつれ」に変えました

数年間SnapCrabを使っていたのですが、Cubase9へのバージョンアップによりWindows7のAero機能をオンにしなければならなくなり、同スクショツールが正しく動作しなくなってしまいました。 色々なスクショツールを試し、「きゃぷつれ」を使うことになりました。

Cubase9への移行作業(3)古いバージョンのCubaseからキーコマンドファイルの引き継ぎ

備忘録を兼ねて、Cubaseのバージョンアップについて色々書き連ねています。クソ記事ですみません。 2017年10月27日午後4時更新。

Cubase9への移行作業(2)Page Up / Downキーはキーコマンドでは使えませんでした

遅ればせながらCubase6.0.7からCubase9への移行作業をしています。 気がついた点などについて備忘録を兼ねて書き連ねておきます。不定期に更新し続けます。 Cubaseのカスタマイズ話に興味がある人がいたら、一緒にスカイプ談義しながら作業してみませんか?…

Cubase9への移行作業(1)Aero対策編

遅ればせながらようやくCubase6.0.7からCubase9にしました。というか、未だにWindows7です。古くて安定した環境が好きなんです。 本当は9.5が来てからにしようとも思っていたのですが、気分転換を兼ねての環境整備作業です。 この記事はWindowsの設定につい…

エレピの100%オートパンはNGにしてほしい

不確かな医療情報を含みます。 特定の音に対して不快感を感じる症状についてのお話です。 雑記カテゴリ。

『ローマの松』(クラシック曲のMIDI演奏)

長々と作ってきた『ローマの松』を完成にしました。 趣味の制作はやっているとキリが無いです。何しろ音楽には終わりがないですから。(コンテストや仕事なら締め切りがある。)

メロディ速記法の本がリリースされました(編集担当)

知人の音楽家、荘田さんの『楽譜速記法』が電子書籍としてリリースされました。 (画像は著者ツイッターから引用) (このブログ記事は2017年10月11日更新しました。)

面倒な作業を実行するためには、まず手を動かす

先日Twitterで「面倒だと思ったことをやるだけで必ず作品は良くなる」というメソッドの談義がありました。 これは音楽制作に限らず、学校の勉強でも、楽器演奏の習得でも共通しています。過去にゲーム制作を一緒にやっていた知人も同じことを熱弁していて意…

© docomokirai 2017 楽曲制作、ミックス、マスタリング。DTMと音楽理論のレッスン。